じくり の ひとりごと ▼

プロテスタントクリスチャン二年目

なぜ未成年の飲酒・喫煙がダメなのかを考えてみる

法律で決まってるから?

じゃあ法律で定められていなかったとしたら未成年でもお酒飲んでもいいの?

 

友達に突然そんなことを聞かれ、今までそんなこと考えたこともなかったなぁって。なので考えてみたいと思います。

 

www.kosodatedou.com

 

18歳の国が比較的多いですね。中国には年齢制限が無いのは初耳でした。

ではたとえば、未成年である日本人が中国に行ってお酒を飲んだらどうでしょうか。日本では禁止されているギャンブルをしに海外に行く人だっているわけですから、未成年がお酒を飲んだって法的には問題がないと思います。

それでもわたしは、日本人なんだから20歳までダメだよ!と言いたくなってしまいます。でも、なぜかと聞かれたら、なんとなく・・・としか言い返せませんが。この曖昧なところをはっきりとさせたいです。

 

  • 身体への影響

なぜ、20歳になるまでお酒を飲んじゃいけないの?

こちらのサイトで短くわかりやすくまとめてありました。

酒は百薬の長とも言われますが、(※ただし少量の場合に限る)

でもはるかにリスクのほうが多いですね。。。

 

  • 社会的責任

www.sinkan.jp

未成年は責任無能力者とされています。

なので、未成年が犯罪を起こしてしまったときは、当事者ではなく親の責任になってしまいます。

未成年が飲酒したときに「誰かに迷惑かけてるわけじゃないんだから」などと言っているのをたまに目にしますが、

実際あなたたちは両親に迷惑をかけています。

 

”お酒を飲む”という行為は、”自分の行動に責任を持つ”ことだと思います。

成人してやっと、わたしたちは自分の行動に自分自身で責任を持つことができるのです。

自分の体質的にどれくらいの量なら飲めるのかを把握していない人は、成人していたとしても、”自分の行動に責任を持つ能力”が欠如しているので今すぐにお酒を飲むのを控えていただきたいです

 

逆に、法律は関係なく、自分の行動・お酒の心身への影響に自分自身で責任を持てる人なら未成年でもお酒を飲んでもいいのではないかとわたしは思います。

日本では法律で定められているのでダメですがね。

結局法律の話に戻ってしまいました。

 

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 (光文社新書)

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 (光文社新書)